FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の症状&反応13~支配者への服従

被害の前も今も、自分の意見をはっきり言うタイプです。
(もう少しオブラートに包みなさいと言われたりします…)
でも、被害の後、調子が戻るまでは、「No」が言えない人でした。

加害者だけではなく、
それ以外の支配的な人、パワーで抑えて来る人に対しても、
苦手意識を持ち、怯えるようになりました。

「この人、理由がわからないけどなんだか苦手」
「何となくこの人といるとざわざわする」
「この人の話にはすべてYesと答えないといけない気がする」
…etc

でもそこに“支配”という暴力の構造があったから
苦手だと自分が感じていたのだと気付いたのはつい最近です。


ここで指す“支配者”とは、
社会的立場や役割として自分の上に立つ人とは限らず、
自分との本来の関係性はいろいろな人がいました。

見た目が怖いとか威圧的な人ばかりではなく、
“どう見てもいい人そう”な“隠れ支配者”も
今思うとその中には何人もいました。

“精神的に人の上に立ちたいタイプの人”
“自分の思う通りに他人を動かしたい人”
みたい感じの人と言えばいいでしょうか。

恐ろしいので、あっちにもこっちにも「はいはい」と言い続けて、
結果、物理的にも無理が生じることもあり、
そうするとまた支配者たちから圧をかけられる
というループにはまり自分の首を絞め続けていました。


“加害者未満の支配者*1”が
こんなにも身近に沢山いるのだと思うと
違う意味で恐ろしいと思います。

いまでも支配的な人が得意なわけではないですが、
怯えたり服従することはあまりなくなったと思います。

『この方法で解決しました!』
というものがあるわけではありませんが、

PEが終わりPTSD症状が落ち着いた後は、
弱っているときに比べると、
支配者が寄ってくることが減ったように思います。

それから、“近寄らない方がいい人”を
少しずつ学習出来るようになったかなぁと思います。


まあ、でも、支配的な人って、どこにでもいるよなとも思います。
そして、接触を避けることができない場合も結構あると思います。

そう思うといかに振り回されずに生きるか、
これからも日々精進だな~と思います。

もちろん、程度の過ぎる加害者的支配者については
それ相応の対応を取るようにしたいと思います。
専門家の第3者を挟むのがいいと思っています。


*1加害者未満の支配者:
目に見えて解る暴力(性暴力とは限らない)の加害者とはなっていないが、
同じようなマインドを持つ人をここではそう名付けました。


久々の正式なブログ更新でした~(*^0^*)/


ウェブサイトはこちら↓
性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
172位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。