スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性暴力の後遺症11~加害者にそっくりな人との遭遇~

先日、加害者にものすごく顔がそっくりで、
ドッペルゲンガーかと思ってしまうほど似ている人に出会いました。
地理的に加害者の住居の近くであり、行動範囲といえる場所で会ったため、
本当に加害者かもしれないととても動揺しました。

被害から数年が経ち、それなりの日常生活をしています。
それなりに楽しめることも増え、友達も増えました。
研修に参加したり、支援にも少しだけ参加するようになり、
自分の頭の中を“自分の被害”が占める割合も大分少なくなっていました。

けれど、今でも(結局勘違いで別人なのですが、)
ひとたび安全で安心でないと思い込んでしまえば、
まだまだ恐怖や不安に襲われるのだなと分かりました。
フラッシュバックを起こすほどではありませんでしたが、
動悸がして、頭が真っ白になり、何も考えられなくなりました。
ただひたすら、本物か偽物か、ちらちら確認していました。


昔は、不安や恐怖を感じる自分は、ダメなんだと思っていました。
「また失敗した」「またうまくいかない」「いつまでも回復しない」
と、そのたびに自分を責めました。
そして出来るだけ恐怖や不安を感じないように自分の感情を殺しました。

今は、恐怖や不安を感じることは、悪いことではないのだと思えます。
加害者に会えば怖くて当然だし、近くにいれば不安になって当然です。
申し訳ないですが、似ている人に対して
同じような反応をするのもしょうがないことだと思います。

被害からそれなりの時間が経ち、
急激な回復や成長を実感することはなくなりましたが、
自分の感情に蓋をせずに感じられるようになったこと、
ネガティブな感情を持っても自分を責めなくなったこと、
など、いつの間にか自分は変わっているのだと分かりました。

今の自分がどういう状態に置かれるとどうなるかを
考えさせられるきっかけにもなったので、
今回のことはよい学びになりました。

どこに何が落ちているか分かりませんね。
石に躓いて転んでも、拾って磨いてみたら宝石になるかもしれません☆

ここまで読んでくれてありがとうございます。

☆追記☆
ブログ記事を少し整理しました。
記事が増えてきたので、被害当事者にとって
本当に必要ではなさそうな記事を削除しました。
バックアップは取っているので、もし見たい方はご連絡ください。
削除した記事は、サイトにも記載のあるもの、研修参加情報、
あまり関係なさそうな日記です。

ウェブサイトはこちら↓
性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
242位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。