スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を支えたもの6~学ぶことが救いにつながる~

私は、知識と知恵を身につけることが
犯罪から自分を守る、一番の武器になると思い、
性暴力について、PTSD・トラウマについて、被害者支援について、
書籍を読み、講演を聞き、研修に行き、
通信教育に申込み、通院を続ける事をしてきました。

そこで得たものは、知識や知恵だけでなく、
仲間であり、理解者であり、居場所でした。

それらを得ることは、自分自身を救うことにつながっていて、
生き延びることにつながっていると思います。


自分よりも体力、腕力、権力のある犯罪者が
もし自分に向かってきたときに、
相手に勝つために、相手から逃げるために、
自分に何ができるかって言えば、
知恵と知識を身につけることぐらいしか
できることはないって思っていました。

ですから、犯罪から自分を守るため、つまりは生き延びるためには、
学び続けることが一番の近道で最善の方法だと思っていました。

自分が学びたいと感じる理由はそこにあるのだと思っていました。


それは一番とか最善とかまでは言えないかもしれませんが、
有効な方法であるとは今でも思います。

けれど、自分の本当の気持ちを考えると、
知恵や知識を得るという目的が一番ではなくて、
学びの場に“救い”を求める気持ちの方が大きかったのだって
気付きました。

何かターニングポイントにたまたま出会ったわけではなく、
ここ数年で得たものの蓄積が閾値に達して気づけた感じです。


“救い”が具体的に何なのかと言えば、
「辛かったね」とか「良く頑張ったね」みたいな気休めでもなく、
「あなたを助けたい」とか「あたしは味方だから」みたいな
無責任なセリフでもなくて、
一個の大きなものが救いとしてあるわけではなくて、
小さいパズルのピースの集まりだと感じています。

その中に知恵や知識もあり、仲間も理解者も、居場所も
あるんだと思います。
他にももっともっとたくさんピースがきっとあると思います。


私にとって学ぶことは発見の連続です。
勉強したいと思って取ってきた行動が
自分を精神的に救ってきました。

被害や支援や症状について学んできたのはほんの2~3年です。
たったそれだけの期間ですが、学ぶことにものすごく救われました。

これからも学び続けることで自分を救いつつ
知恵と知識を身につけていき、
そしてゆくゆくは社会に還元していきたいと思います。


ここまで読んでくれてありがとうございました。


ウェブサイトはこちら↓
性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
242位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。