FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を支えたもの5~理解者の存在~

私を支えてきた大きなものの中に“理解者”の存在があります。
“仲間”も理解者ではあるけれど、ここでは仲間以外、
イコール性暴力被害当事者ではない理解者についてを書きます。

“理解者”に出逢うのは、私にとっては“仲間”に出逢うよりも
難しいことでした。
実際に今の私にとっての“理解者”の数は、
いままでに出逢った“仲間”の数の半分にも届きません。
(本当は理解者になり得る人であっても、
私が気が付いていないだけかもしれませんが。)


被害の話をしても、
責められないこと、バカにされないこと、引かれないこと、
嫌がられないこと、避けられないこと、汚いと思われないこと、
たったそれだけといえばそれだけなのだけれど、
これがものすごく難しくて、これらの条件を満たす人に
出逢うことができた自分はものすごく恵まれていると思います。

理解者に出逢えずに、会う人会う人から二次被害を受け続け
余計に苦しんで辛い思いをしている被害者も沢山いると思います。

だから、たった数人でも理解者に出逢えた自分は
本当に恵まれていて幸せだと感じます。

二次被害に遭うことがあっても、仲間と理解者の存在に支えられて
愚痴ったり泣き事を言ったりして私は生き伸びてくことができています。


理解者としてまず第一に医師がいて、
第二に理解者となってくれた人は2名います。
さらに最近、もう一人、理解者となってくれそうな人を見つけました。

意外かもしれませんが、医師の一部以外はすべて男性です。
(私の周りに女性が少ないことも理由にありますが)
そして医師以外は支援職ではないただの普通の人です。

それでも、私にも非があるのではないかなどと一言も言うことはなく、
「大変だったね」「辛かったね」という言葉をかけてくれました。
「悪いのは加害者」「あなたは汚れていない」「自分を責めることはない」
とも言ってくれました。


残念ながら“強姦神話”が未だに根強くあることは
被害後を私が生きていく中で何度も感じることがありました。

だからこそ、特別な知識や経験のない“普通”の人、
しかも男性に理解されるということが、
自分にとっては驚きであり、世の中捨てたもんじゃないと思えて
自分は悪くなかったと思えて、とても救われました。
(男性が性暴力を理解することに驚くというのは私の持つ偏見でもあり、
考え方を変えていかなければならないと思いますが)


被害のことを理解してくれる人、
精神疾患のことを理解してくれる人、
とても貴重な存在なので、
私も彼らを理解するように努めて、大切にしていきたいと思います。

今は、頼ることばかりしているけれど、
いつか逆に彼らの力になれるようにもなりたいです。

そして私がもらった救いや幸せを、
また別の誰かに、社会に還元していけるように努めたいと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
172位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。