スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性暴力被害者の法的支援:書籍紹介

本日は久々に書籍紹介です。
昨年末に良書が発売されていたので紹介いたします。

【タイトル】:
 性暴力被害者の総合的・包括的支援シリーズ1
 性暴力被害者の法的支援
 ◆性的自己決定権・性的人格権の確立に向けて◆

【編者】:
 特定非営利活動法人
 性暴力救援センター・大阪SACHICO編

【出版社】:信山社
【出版日】:2017年12月25日
【価格】  :1,800円+税

【帯より】
 性暴力救済センター・大阪SACHICOからの
 被害者支援の手引

 支援院の常駐と産婦人科医救急医療態勢、
 被害者の心とからだの治療と、その後の回復に向けた、
 継続的なケアとサポートを提起する緊急企画


【概要(ぱーぷるラボまとめ)】:
 前半では、具体的な事例を簡潔に説明し、
 法的な論点となる内容の解説が書かれ、
 後半では、性暴力被害に関わる法制度や法手続きについて
 平易な文体で述べられている。

 2017年の刑法改正の内容も盛り込まれ、
 新旧法の比較や法改正に残された課題などが記載されている。

 引用文献、判例も多く信用できる良書、
 かつ、これ一冊で性暴力被害者の法的支援の基礎が分かる
 支援者必携の書。

 性暴力救済センター・SACHICOの編著であり、
 7年間性暴力被害者を支援してきた経験からの、
 特に病院拠点型としての、法的支援を見る目というのが興味深い。


ワンストップセンターの本はこれが初ではないかと思います。
SACHICOの7年間の活動の臨床経験と知識が蓄積された書籍です。

性犯罪に関する刑法が昨年改正され、
新法に関する書籍を探している方も多いかと思いますが、
法律の専門家でより詳しいものを求める方でなければ、
本書をまず手に取ってみることをお勧めします。

事例に基づいて法律用語の説明をしており、
素人にも分かりやすいです。
162ページと薄めで値段も1800円+税で入りやすいかなと思いました。

法律の本はどうしても難しく分厚く細かくなりがちで、
私はあまり得意でないのですが、
SACHICO編集なので、性暴力被害者支援に必要な内容に絞られており、
挫折せずに最後まで読めました。


シリーズ物で、2は医療支援、3は支援員の役割
となっておりますが、発売はこれからみたいです。
どちらもぜひ読みたいと思っており楽しみにしてます。

支援活動をされる方に必携の3冊となるのではと思います。


ここまで読んでくれてありがとうございます。

ウェブサイトはこちら↓
性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”


日本ブログ村へ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ セクハラ・パワハラへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
242位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。