スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性暴力の加害者はどんな人?

性暴力の加害者ってどんな人でしょうか?

性暴力と言えば、よく言うのは、
見知らぬ他人が夜道で突然刃物で脅して…
というやつですね。

加害者と被害者の関係はある程度調べられてきて、
実際は加害者は被害者と顔見知りが多く、身内の場合もある
ということが分かっています。


被害者と加害者の関係は分かってきても、
加害者がどういう人か=加害者の性格、人間性がどういうものかは
定量的な調査ってあまりないかなと思います。

加害者と言っても一人ひとり違うので、
他の被害については語ることは出来ませんが、
自分の場合は加害者がどういう人だったか書いてみようと思いました。
身バレすると困るので、書けないこともありますが…。


加害者は、当時、会社の上司でした。
それなりの役職で、家庭もあり、外から見れば普通の会社員です。

明らかに性犯罪者みたいな風貌というイメージでもなく、
前科があるわけでもなく、女好きと思われているわけでもなく、
性暴力の加害者だとはたから見ても分からない振る舞いをしていました。

ただ、社内でもパワハラでは有名人でしたが。


会社員としては、仕事は出来ない人ではなく、
逆にずば抜けて出世した人というわけでもなく、
普通の従業員の一人だと思います。
身なりもスーツで普通のサラリーマンです。
仕事は割と細かいかなあと思います。


上司としては、パワハラがすごくて、恐い上司というイメージでした。
職場の部下は皆パワハラに怯えていました。

入社してすぐの加害者との最初の面談では、
「結婚したら会社辞めるか?」と聞かれて、
「辞めません」と答えたら
「そう、辞めるんだったら育てても意味ないから」
と言われて今時そういう上司いるんだと驚いたのを覚えています。


人間としては、具体的な事例は書けませんが、
加害者のことは、こんな人だったなと思います。
・支配欲が強い
・自己顕示欲が強い
・自分大好き
・攻撃的
・気分屋
・プライドが高い
・家族のことは好きでよく家族の話もしていた
・人間の好き嫌いが激しい
・神経質
・粘着質

悪いところばかりで全然普通の会社員じゃないじゃん!
と突っ込まれそうですが、
いいところがあったとしても認めたくないんだろうなぁと思います。

それか、性暴力の加害者は外面だけが普通で
内面は本当に悪いとこだらけということなのかもしれません。


パワハラする人がセクハラもする、セクハラする人がパワハラもする、
というのはよくある話だそうです。
支配欲が強いからそうなるのだろうなと思います。

セクハラからパワハラに移行した話はまた別に記事にしたいと思います。


加害者や会社に活動がバレると面倒だし、
加害者のことも、加害者だからって何書いてもいいわけではないと思うので、
結局書けないことばかりで抽象的な記事になってしまいました。


ウェブサイトはこちら↓
性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”


日本ブログ村へ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ セクハラ・パワハラへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
242位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。