FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペルガーと性暴力被害

今回は、アスペルガー(DSM-5ではASD:自閉症スペクトラム)
と性暴力被害についての記事を書きます。
ちょうど参考になる良書に巡り合えたのでこの機会に記事にしました。

『アスピーガールのための心と体を守る性のルール』
著:デビ・ブラウン
訳:杉山美津子・吉野智子
2017/3/31発行

本書の著者もアスペルガーの当事者です。

はじめに

この本は、繊細で傷つきやすいアスペルガーの女の子や女性のために書いたものです。本書の中では、そんな彼女たちを、愛情をこめて“アスピーガール”と呼んでいます。

アスピーガールは、社会の一員として生きるために大変な苦労をしています。努力してもなかなかうまくいかず、様々な失敗や困難を体験しているのです。
~中略~
アスピーガールは同年代の他の子たちと比べて性に関する知識も乏しく、置き去りになってしまうのです。
~中略~
アスピーガールにとって何よりも大切なのは、性について正しい知識を見に付けることです。本書の目的は、重要で具体的な性の情報を伝えることです。

デビ・ブラウン
『アスピーガールのための心と体を守る性のルール』P1-3より


私自身もアスペルガーの診断を受けており、
性暴力被害に遭ったこととアスペルガーの症状との関係が
ずっと気になっていました。

言い訳してもしょうがないと思っていたので、
ブログやサイトではアスペルガーを公開していませんでしたが、
近年アスペルガーと性暴力の関係について言及する書籍が増えてきたので、
よい機会なので書いてみようかなという感じです。

きっと自分以外にもASD(アスペルガーや広汎性発達障害や自閉症など)
を持っていて被害に遭った人はいるかなと思います。

書籍の紹介は改めて別の記事で投稿したいと思いますので少々お待ち下さい。


書籍の中で気になった部分を引用します。

P17
アスピーガールの心の成長スピードは、他の人とは違う場合があります。
私物その代表で、クラスメイトが思春期に差し掛かり、精神的にかなり大きな変化を迎えている頃、変わらず幼い精神状態にとどまっていました。
社会人になってからも、自分がいまだに小さな子供のままのように感じることがあります。

P112-113
(性暴力の)被害者が幼い子供の場合、状況はさらに悪化しやすくなります。
なぜなら、子供の脳はまだ形成途中で未成熟であるため、コントロールされやすく、例え間違ったことであったとしてもインプットされやすいのです。
幼い子供は、準備が出来ていませんし、大人が子供とセックスをすることはどのような場合であっても許されることではありません。
~中略~
アスピーガールにも、子供と同様に注意が必要です。
なぜなら、アスピーガールには、精神的に幼く純粋で、性行為をするための準備が整っていない人が多いからです。アスピーガールの場合、実年齢はあまりあてになりません。

P114
性的虐待には、彼氏や夫ではないものの、社会的な関係がある友人や知人との合意のないセックス、いわゆるデートレイプも含まれます。
~中略~
まず、性的虐待をする人というのは、あまり物事を知らなそうで、周囲から孤立している、さびしそうな女性をターゲットにします。そういう人達に近づき、気持ちに付けいり、相手に自分は特別な存在だと感じさせることで関係を気付くのです。

P164-165
命を守るためならルールを破ってもいい
~中略~
緊急事態の時、加害者に「誰にも話さない」とウソをついても悪いことではありません。


レイプ被害にあってしまった場合の対応

P171
場合によっては、自分がアスペルガーであることを打ち明け、「わかりやすく説明してほしい」「優しくしてほしい」など自分の要望を伝えてもいいでしょう。

P175
同時に自分があまりにも純粋で幼く、無知であったことも実感しました。純粋なのはいいことですが、それゆえに他人に付け込まれやすいということも知りました。


私自身は
 ・まさか上司が部下をそんな目で見ているとは思わなかった
 ・親子ぐらいの歳の差があるのにそんなこと起きると思わなかった
 ・自分みたいな女性らしさのかけらもない人が狙われることなんてないと思った
 ・上司の言うことを部下は断ったらクビにされると思った
 ・二人きりで残業させられることはただの業務上の都合でしかないと思っていた
 ・仕事後にご飯に連れて行かれることがあったのは
  加害者が言う通り、私の食生活を心配してのことだと思っていた
 ・加害者の言うことは被害前も被害後もその通りに受け取っていた
 ・加害者の表情や言動からは自分がターゲットにされているなんて
  全く気付かなかった
 ・仕事に穴をあけてはいけないと思って被害後の出勤日も会社に行った
 ・性被害は泣き寝入りするものだと思ってずっと黙っていた
 etc.

この中には性暴力・性被害について
勉強する前の自分の考えが含まれているので、
強姦神話にしばられているものも一部あります。
女性らしさは関係ないし、泣き寝入りもする必要はありません。


とにかく、性に関する知識、男女の違い、その他もろもろの知識が不足していて、
おまけに社会性やコミュニケーション能力に障害があることは、
自分自身が被害に遭ったことと無関係ではない気がすると今は思っています。

本当に、自分は無知で幼くて、ある意味で純粋だったと思います。


【補足】

自己判断でアスペルガーだと思っている人のことはここでは対象としません。
怪しいセラピストやカウンセラーにアスペだと言われたというのも当てになりません。

私は、ASDの診断を受けるにあたって、WAIS-III、AQ-J、MMPI、
成育歴調査、構造化面接、MRI等の検査を受けています。
(MRIは他の器質的な脳の異常がないかの検査ですが)


ここまで読んでくれてありがとうございました(*^-^*)

ウェブサイトはこちら↓
性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

アスペルガーが被害にあうこと

私も発達障害の当事者です。裁判でも発達障害によって被害にあったことを主張しています。しかし、裁判官に理解がないようです。
言葉を字義通りにしか理解できない、相手の考えを推測することができないなど、発達障害によって、強姦被害にあってしまったのですが、学歴が高いことが理解を阻む原因かもしれません。要するに、字義通りにしか理解できないわけがないだろう、などととられてしまうのです。
しかし、アスペルガーにとって、「ホテルでお話しよう」と言われれば、お話をする以外のことは思いつかないのです。
アスペルガーは、被害にあったことすら理解できない場合があります。周囲の人は、様子がおかしいと思ったら、話を注意深く聞いてみてください。

No title

コメントありがとうございます。
返信遅くなりまして申し訳ありません。

そうですよね。
発達障害の人の中には言外の意味を読み取ることが難しく、誰かが腹の底では口から出る言葉と違うことを考えていようと気づかないという場合もありますよね。

裁判されているのですね。
性暴力の被害者も、発達障害の当事者も、いろいろ理不尽な目に遭うことは多いとおもいますが、お体気をつけて無理しないでください。

発達障害の当事者からコメントいただけて勉強になりました。
ありがとうございます。

女性のアスペルガーを紹介する本

お返事ありがとうございます。
裁判において加害者は、支払い能力が無いの一点張りです。大学の先生ですけどね。
私も被害当時は、発達障害であることがわかっておらず、通院した精神科の医師が、偶然にも大人の発達障害に詳しく、診断に至りました。最初は、相手の言っていることを信じなくてもよい、相手の言うことを聞かなくてもよいという意味がまったくわかりませんでした。
そして、医師との面談で、今まで騙されていた経験に気づいていなかったことがたくさん判明しました。
つまり、私の場合、加害者から「言われたとおりにしないと除籍にする」といわれたことを信じ、被害にあったあとは、「誰にも言ってはいけない」を忠実に守っていました。

発達障害は、IQに大きな開きがあり、私の場合は、作動記憶が知的障害とのボーダーです。つまり、見かけは大学院を修了していても、会話においては軽度知的障害であるということです。そこが、裁判官にはわからないようです。

ご紹介されておられた『アスピーガールのための心と体を守る性のルール』以外にも、下記書籍も参考になります。

女性のアスペルガー症候群 (健康ライブラリーイラスト版) 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/11
宮尾 益知 (監修)
※性被害についての記述もあります

ながなが申し訳ありません。
ぱーぷるラボさんのブログは、裁判をはじめる前から読ませていただいておりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。
返信大変遅くなりまして申し訳ありません。

発達障害という生きづらさを持ちながら裁判もも行われていてとても大変かと思います。
相手の不誠実な態度にも苦労させられていると感じます。

ご紹介いただいた書籍は実は私も持っているので、発達障害関連まとめてまた紹介できればと思っています。

寒いのでお体お気をつけください(*^-^*)
Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
264位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。