考え事15~性被害と仕事

大人になって性暴力被害に遭った場合、
被害者は性暴力被害に関しては何の責任もないことに変わりはありませんが、
被害者個人が日々の生活を送ることに関しては、
自立した社会人である以上、例え被害で辛かろうと責任を問われてしまいますよね。


例えば、被害のショックで体調を崩したりして仕事に行けなくなれば、
職を失ってしまう可能性もあります。

遅刻欠勤早退に対して、職場が、
“性暴力被害に遭ったから”という理由を考慮してくれることは
現状の日本ではあまりないと言えると思います。

そして、仕事を失ってしまっても、自力で家計をやりくりしなければなりません。


家で寝こんでいても、独り暮らしであれば家事をやってくれる人なんていないですし、
家から出られないぐらいの不調であっても病院に連れて行ってくれる人もいない
かもしれません。
役所での各種手続きだって自分以外に行ってくれる人はいないかもしれません。

でも、家事をしていなければだらしないと思われるし、
病院に“きちんと”行って治療しろ、
そう言われてしまうのが大人の性暴力被害者です。


誰か支援してくれる人がいれば状況はだいぶ違うと思いますが、
まず自分に何が起きたかを話しづらかったり話したくなかったりすれば、
なかなか周囲から理解を得ることは難しいと思います。


被害者にとって困ることは、沢山あると思いますが、
大きなものは、自分の身体的、精神的症状を除けば、
職を失って収入が途絶えることだと思います。

貯金していれば、一時的に無職であっても、回復したときに再就職すれば
何とか生活立て直せるという方もいると思います。

しかし、再就職の際には面接で“この無職であった期間”について問われるわけで、
ブランクがあることで再就職が“ただの転職組”よりも難しくなるというのも
長い目で見た性暴力被害の影響だと思います。


私はいろいろな機関とつながりがあるわけではないので、
無知なだけかもしれませんが、
現状、性暴力被害者に仕事をあっせんするような団体は知りません。

あればいいのになあとは思っていますが。

働きたい性暴力被害者が働ける世の中になることを願っています!

(もちろん働くことだけがすべてではないし、
素敵なパートナーを見つけて生活している方もいるだろうし、
色々な生き方があると思います。)

ウェブサイトはこちら↓
性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コメント

性犯罪

こんにちは
ぱーぷるラボさん
現在の強姦罪から強制性行為罪と名称変更、今まで女性だけだったのが男性にも適用するそうです
今まで私は、強姦罪についてかなり抵抗感が強かったのですが、名称変更によって気が収まるような気もします

訂正のお願い

ワンストップセンター一覧の
「福島県」のリンク先が404 Not Foundになっています。
お手数ですが変更をお願い致します。

Re: 訂正のお願い

ご指摘ありがとうございます。
リンク更新いたしました。
対応&返信大変遅くなって申し訳ありません。
Secret

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
446位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR