性暴力の後遺症10~「“女性”が苦手」という症状~

男性から性暴力被害に遭った女性の中に、男性に恐怖や嫌悪感や苦手意識を持つ方がいることは、想像に難くないし、理解も得やすいであろう。
上記のような症状は、このような被害に対する反応としてごく一般的なものであると、支援職にも一般人の中で関心を持つ者にも、理解されていると思う。

しかし私は、被害後、男性よりもむしろ女性の方が苦手になった。
適齢期にある女性への生理的嫌悪感、それらの女性への回避症状は、今も持ち続けている。
今適齢期にある私は、このトラウマ反応により、非常に生きづらさを感じている。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

考え事11~三つ目の時計

「犯罪の被害に遭ったときから被害者は二つの時計を持つようになる」、ある被害者の言葉です。一つ目の時計は、事件から止まって動きません。5年たっても10年たっても、それは事件の時を示していて、そこから一歩も前に進まない時計です。にもかかわらず、もう一つの時計は容赦なく時を刻みます。例えば家族を犯罪で亡くした人でも忌が明ければ香典返しを送らなくてはいけないし、お世話になった方々に挨拶もしなくてはいけません。何年か経てば、引っ越したり、職業を変えたり、自分たちが生活を変えることを余儀なくされることもあります。現実の都会は他の人と変わりなく進んでいきます。

小西聖子『新版 トラウマの心理学 心の傷と向き合う方法』 P17より


引用の通り、犯罪の被害者は、二つの時計を持つようになります。
時がたてばたつほど、この二つの時計の指す時間に差が開き、
被害者はその残酷さに再び傷つけられ、悩むこともあるでしょう。

でも私は最近、被害者の持つ時計がこの二つだけではなく、
もう一つ、新しい時計を持つことができると気付きました。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
3499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
584位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR