過去の症状&反応11~身体を売らずに生きた罪悪感~

性暴力被害に遭われた方の中には、
その後、性産業に従事したり、売春、援交したり、
不特定多数の男性と性的関係を持ったり、
そういう時期のある方もいます。

それはその子がチャラいのでも尻軽だからでもなくて、
性暴力で傷ついた心がそうさせる後遺症です。


私は、被害時24歳、被害の記憶が鮮明になったのが26歳。
自分は退職して風俗に行くべき人間だと思っていましたが、
「容姿も並み以下でコミュニケーション力もなく歳も20代後半では
お客さん付かないだろうな、向いてなそうだし。」
と思って性を売ったことがありません。

でも当時はそれにものすごく罪悪感を感じ続けていて、
性暴力被害後、性を売る・売ってきた女性は
“格好よくて勇気があって潔くて行動力があって尊敬する”と思っていて、
自分はそれが出来ない情けないチキンだと思っていました。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

考え事10~私たちって何者?~

性暴力被害当事者の私たちって一体何者なんでしょうか?

世間の目からすれば、
不幸、可哀想、同情する、哀れ、惨め、悲しそう、辛そう、・・・
そんなもんでしょうか?

それならまだよいですが、強姦神話も根強く、
隙があったんでしょ、誘ったんでしょ、その気あったんでしょ、・・・
そんな偏見の目で見られることもあるでしょう。

でも私はそんな風には思いません。
今の私は性暴力被害に遭っても幸せに生きられることを知っています。

そして性暴力被害に遭ったことはその人のたった一面でしかなく、
残りの大部分は普通の人と何ら変わりがないことも知っています。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

考え事9~幸せにはいつからでも、いくつからでもなれる~

私たち性暴力被害当事者は一生不幸なのでしょうか?
幸せになってはいけないのでしょうか?

そんなことはないと思います。
私は最近下記のように考えます。


幸せにはいつからでもいくつからでもなれる。
幸せは貯金できる。どんどん積み立てられる。
そして金利もとてもよい。

仮に不幸なことがあっても幸せ預金は減らない。
凍結されるだけ。
いつかまた解凍して幸せになれる。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
3499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
584位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR