性暴力の後遺症9~正常と異常の逆転

最近の自分はおかしい。

一時期は治ったのだけれど、帰宅後、
悲しい、残酷なニュースを見て毎晩泣いています。
感動するいいニュースやブログへの温かいコメントでも泣きます。
一日の仕事を振り返って、深夜まで文句も言わずに
頑張って仕事している部下を思い出しても泣きます。
スイッチが入るとどんなことでも涙が止まりません。

一方で会社の中では自分を押し殺して
何の感情もなく周囲とガラスの壁があるような
自分だけ違う世界にいるような気分で仕事しています。
何も感じない、目の前にある仕事を機械のようにこなすだけ。

元々はニュースはニュースで他人事だとしか思っていなかった
そういう人間でしかなかったし、
人前でも一人でも泣くことなんてなかったです。

だから、今の涙もろい自分ておかしいよな~
と思っていました。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

性暴力の後遺症8~今も加害者の影におびえる

こんなサイトやブログを書いて運営していますが、
実はまだまだ加害者の影におびえて過ごす日々です。

加害者が処分されたことなどに納得していないことも知っているし、
未だに私に対して根に持っていることも想像に難くないです。

それだけならば、加害者は異動にもなったし、
私は引っ越しもしたし、そんなにおびえることはない、
そう思われると思います。

けれど、実は、つい最近まで情報流出ルートがあり、
(今もあるかは不明)
私が引っ越ししたことを加害者が知っていたのです。

加害者に情報流出した経緯は
大人の事情によりご説明出来ませんが。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

過去の症状&反応8~共犯者という感覚~

強姦された人と、強姦した人
両者の関係って普通の人は被害者と加害者
というふうに思いますよね。

私は被害を受けた時も、
記憶がよみがえってからしばらくの間も
ずっとずっと二人は共犯者だと思っていました。

自分が被害に遭ったという自覚がなくて
自分も悪いし、相手とは同じ円の中にいる気がしていました。
自分も相手も加害者だと思っていました。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

過去の症状&反応7~加害者の名前への恐怖~

フラッシュバックを頻発していたPTSD症状が重かった頃は、
加害者本人を目にしなくても、氏名を聞くだけ、目にするだけで、
ものすごく恐怖を感じていました。

相談機関に行くと加害者の氏名を聞かれたり
書類に書かされたりしてそのたびに
ドキドキしたりフラッシュバックしたりしていました。

そして、自分でも不思議に思っていたのが、
加害者本人の氏名そのものではなくても
加害者と同じ名字、同じ名前にも恐怖と拒絶反応を感じていたことです。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

ぱーぷるラボの運営方針

今更ですが『ぱーぷるラボ』の運営方針を書きます。

【誰のためのサイトか】
  ①自分のため
  ②全てのサバイバーのため
  ③全ての人間&社会のため

【目的】
  ①自分の被害や学んできたことを整理したい。
  ②自分が被害に遭って回復しようともがく中で
   得た情報、知識を一人占めしていてはもったいないため
   上記の情報を誰かの役に立てたい。

自分の被害から得たものを中心に書いていますが、
それ以外の人間を排除したり、
自分と似た被害を受けた、一部の人間しか受け入れない
というようなサイトではありません。  

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

考え事7~沢山の人を傷つけてきた~

被害のことを思い出してからは、
自暴自棄になり、自分のことも傷つけてきましたが、
他人のことも沢山傷つけてきました。

その時は無我夢中で、あまり記憶にないことも多く、
また自分が被害に遭うこと、傷つくことを恐れて、
沢山人を傷つけました。

迷惑や心配も掛けたけれど、“迷惑”と“心配”は
修復可能だし、後から埋め合わせもできるものだと思うので、
今必死で埋め合わせできるように仕事に励んでいます。

でも付けた“傷”は、たとえ小さくて浅くても
痕が残るものだと思うので、
被害に遭ったことを言い訳にして
他人を傷つけたことを肯定はできないと私は思います。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

ウェブサイト「被害者の声」募集休止の件

タイトルの通り、ぱーぷるラボウェブサイトの
「被害者の声」の募集を休止とさせていただきました。
いつ復活するのか、また今後募集することはなくなるのか
現時点ではまだ方向性は定まっていません。

理由は、投稿者の安全を絶対に確保できる保障が
ないことに気付いたからです。

匿名で投稿していただいたとしても、
内容を読めば個人が特定される可能性はゼロではなく、
まして関係者の目に触れれば誰のことを指しているのか、
分かってしまうと思いました。

性犯罪被害後の対応で一番大切なのは、安全の確保です。
被害者の安全を守ることができないサイトならば、
性暴力被害者支援サイトを名乗れないと思いました。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2807位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
447位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR