性暴力が被害者から奪ったもの

性暴力被害が私から奪ったものって何があるのでしょうか?

普通のイメージだと性暴力は被害者から色々な物を奪いますよね。
私も被害直後からしばらくの間はいろいろなものを奪われたままでした。

記憶、精神、健康、お金、仕事、人間関係、信頼、信用、処女、etc

自分は精神面を一番壊されたと思いますが、
集中力、睡眠、気力、記憶力、体力、持久力、ユーモア、笑顔、…
など特になくなったかなぁと思います。

ただどれも一時的なもので、
今も奪われたままだなあと感じるものってないのですよね。
確かに経済面は一時的に働けなくなった分の収入は
今もないわけですが、
現在生活をする経済力がないわけではないので気になりません。

私個人は一度性暴力によって奪われたものがあっても、
被害者自身や環境や時間によって回復する物事が大半かなと、
自分の場合はそうだったなと思います。

もがいている最中は永遠にすべてが奪われてしまったと感じていましたが、
振り返ってみると人間についた傷って結構可逆的で
修復するものなのかもしれないなと、
よく“エンパワメント”だとかいう謎のカタカナ語で語られるのはこれなのかも
と思ったりしました。
(だからと言って傷つけていいわけでは断じてありません!!)

しかしただ一つだけ、永遠に失われたなぁと思うものがあります。
学生時代に投稿して、当時査読中だった論文の掲載です。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

15~妊娠・出産・乳幼児への生理的嫌悪感

被害後しばらく、治療が済むまでは、とにかく妊娠・出産・育児の話が生理的に嫌でしょうがなく、妊婦・乳幼児が気持ち悪くてしょうがないと感じていました。

特に出来婚に対しては夫婦親子ともども吐き気がするほどに嫌悪感しか持てず、知人だった(?)人でそういう人がいれば一方的に絶縁しました。


妊産婦の幸せ感丸出しなところに嫉妬したんだと思うし、「妊娠ひけらかすなんてこいつレイプされたことないんだろうな」と思い込んでいたし、「ヤッた末の産物なんか気持ち悪いし」としか思えませんでした。

その人にどういう過去があるかも、今どう思っているかも、分かるはずはありませんが、そんなことに頭は回らりませんでした。

とにかく苦手だし嫌いだし生理的に受け付けませんでした。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

性暴力の後遺症12~悪夢①~

性暴力被害の後遺症として悪夢を見る人は多いです。
PTSDの再体験症状としても悪夢が挙げられています。

ですが、そういった知識がない人が被害に遭った場合、
突然恐い夢を見るようになったり金縛りに遭うようになったりして、
自分はおかしくなったのではないか、とか、
自分の家にはお化けが出るようになったのではないか、とか
思ってしまったとしても不思議ではありません。

でもそれは、心霊現象や怪奇現象ではないし、
体験する人がおかしくなってしまったなんていうことは一切ないのです。

ただでさえ苦し時期に苦しいことが起こるのに、“知らない”ということのせいで、
余計につらい思いをする必要はないと思います。


参考までに自分が見てきた悪夢をいくつかさらっと紹介します。
今はもう見ることはほとんどありませんが、
私も毎日のように悪夢を見ていた頃もありました。

性暴力の被害に遭った人がみんな同じ悪夢を見るわけではないので、
実際はあまり参考にはならないかもしれませんが、
性暴力が色々な形に変化して夢となってあらわれるんだと伝わればと思いました。


実際に悪夢に悩まされている方がいらしたら、
トラウマの専門家に相談されることをお勧めします。

次回は悪夢とどう付き合ってきたかをブログで書ければと思います。


なお、悪夢の内容はトラウマを喚起するものになるので、続きからになります。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

性暴力の後遺症11~加害者にそっくりな人との遭遇~

先日、加害者にものすごく顔がそっくりで、
ドッペルゲンガーかと思ってしまうほど似ている人に出会いました。
地理的に加害者の住居の近くであり、行動範囲といえる場所で会ったため、
本当に加害者かもしれないととても動揺しました。

被害から数年が経ち、それなりの日常生活をしています。
それなりに楽しめることも増え、友達も増えました。
研修に参加したり、支援にも少しだけ参加するようになり、
自分の頭の中を“自分の被害”が占める割合も大分少なくなっていました。

けれど、今でも(結局勘違いで別人なのですが、)
ひとたび安全で安心でないと思い込んでしまえば、
まだまだ恐怖や不安に襲われるのだなと分かりました。
フラッシュバックを起こすほどではありませんでしたが、
動悸がして、頭が真っ白になり、何も考えられなくなりました。
ただひたすら、本物か偽物か、ちらちら確認していました。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

性暴力の後遺症10~「“女性”が苦手」という症状~

男性から性暴力被害に遭った女性の中に、男性に恐怖や嫌悪感や苦手意識を持つ方がいることは、想像に難くないし、理解も得やすいであろう。
上記のような症状は、このような被害に対する反応としてごく一般的なものであると、支援職にも一般人の中で関心を持つ者にも、理解されていると思う。

しかし私は、被害後、男性よりもむしろ女性の方が苦手になった。
適齢期にある女性への生理的嫌悪感、それらの女性への回避症状は、今も持ち続けている。
今適齢期にある私は、このトラウマ反応により、非常に生きづらさを感じている。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
242位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR