スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生きていればいいことある」のか?

被害に遭って2年半後、加害者の処分が決まり、
やっとほっと出来るようになったときに、
私には死しか見えなくなりました。
「ここまで頑張ったのだから、もういいでしょう」
「これ以上何もする気力がない」
「もう生きていてもしょうがない」
「加害者が処分されても被害に遭った事実はなくならない」
「処分が決まっても少しも気が晴れない」
と。

そんなとき会社の心理士からかけれられた言葉が
「生きていればいいことあるよ」
「死んだら楽しいことなくなっちゃうよ」
でした。

どう思いますか?

結果としては、
その後生きていていいことは沢山あったし、
楽しいこともいっぱいありました。

でも言われた当時は
「そんなわけない」
「いいことがあっても悪いことの方が多い」
「楽しいことがなくなるからって何?」
「死んだら辛いことも苦しいこともなくなるよ」
「他人の人生だからって適当なこと言うな」
「ありきたりな台詞でごまかすな」
「先の事なんて予言出来んのじゃ」
「ほっとけ、死にたいんじゃ」
と、思いました。

あれていますが、当時の私のの本音です。


生きていて、私はいいことはありました。
だからって他の被害者もそうかは分かりません。

いいことがあった理由も、
偶然、運、自分の過去の努力の結果、自分の今が引きつけた、
他人の努力のおかげ、他人の思いやりのおかげ、…
など様々です。

そして、どんなことをいいことだと感じるかは人によって違います。
私はこんないい気とがあったと他の被害者に説いても、
その人はそれをいいことだと感じないかもしれません。
逆も然りです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

性暴力被害が理解されない別の一要因

性暴力被害が思うようには理解されない理由として、
例えば、性についてはタブー視される文化だからとか、
男女の格差がなんとやらなどと言われます。

本当にそれだけなのかなとふと思いました。
性暴力被害が日本語で語られていないから
日本人には伝わりづらく理解されづらくあった
と言うのも一因ではないかなと思いました。


性暴力に関わる用語には専門的なものもあり、
それ以外にカタカナ語、和製英語、外来語も多くあると思います。

性暴力被害者支援分野や関連分野でしか耳にすることのない単語は、
今まで関心を持っていない人の耳には届かないのではないでしょうか。

分かるようで分からない言葉には
サバイバー、スライバー、セカンドレイプ、レイプミス、
レジリエンス、エンパワメント、トラウマ、フラッシュバック、
セラピー、カウンセリング、・・・

世間が活動に興味がなかったり否定的だったりするから
広まらないわけではなく
本当は興味があったけどよく分からない、難しいからと
付いてくる人が少ないと言うこともあるのではと思います。


なぜ性暴力被害者当事者&支援者業界には
分かりづらい用語が多いのか考えてみました。

語ることで傷つけられたり、伝わらないことで傷ついたり、
当事者や性暴力に関する活動や支援をする人は
そういった経験を重ねることでだんだんと
自分の語る言葉についつい鎧を着せてしまいがちなのかなと思いました。


自分の言葉で語りたいときと相手の言葉で伝えたいときと
上手に使い分けることが出来ればいいかなと思います。

理解の裾野を広げるのは一字一句から。


ここまで読んでくれてありがとうございます。
この記事は携帯から書いているので後で見直します。

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

性暴力被害を語る際に考えるべきこと

最近の世の中は、性暴力について当事者は
「語らなければ何も変わらない」
「語ることこそが勇気ある」
と言うプレッシャーを与えられている気がして危惧します。

当事者の中にも
「語らなければ被害は終わらない」
「語らなければ回復しない」
とまで言い張る人も出てきて、
なんか、違う、本末転倒、だと強く思います。

性暴力被害について語ることは今やブームとなっていますが、
語りについてのガイドラインはどこにもないため
(治療における語りについては書籍はありますが)
被害者が傷つかない語り方、
語るときに留意すること、
より効果的な語り方、
など知り得ないまま開示してしまう当事者もいると思います。


そもそも語ることには大きなリスクが伴います。
語りを聞いた人から心ない言葉を浴びせられる
二次被害に遭うリスクがあることは
それなりに認知されていると思います。

それだけではなく、
トラウマを想起することや、
それを語ること、
語った文章等を目にすること
などでも不安に感じる人もいることも
気にとめておかなければなりません。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

性暴力サバイバーへ100の質問

だらだらと長い文章は嫌い。
でも語りたいトピックはたくさんある。

じゃあどうすればよいでしょうと考えて思いついたのが
“100の質問”です。
自分の回答を書いています。

口調は軽いですがふざけているわけではありません。
性暴力に関する話題はとにかく敷居の高い問題となってしまいがちなので
どうにかしたいと思った故です。


質問はオリジナルです。
チャレンジやシェアしたい方は是非どうぞ♪

答えたくない質問には答えなくてよいし、
質問も自由にカスタマイズしてかまいません。
最後にコピペ用に質問だけを載せています。

Q1~Q10:被害の概要
Q11~Q20:被害後の一般的な対処
Q21~Q30:被害中&被害後の具体的な行動
Q31~Q40:被害中&被害後の感情
Q41~Q50:被害による結果
Q51~Q60:性暴力トピックについて思うこと
Q61~Q70:「今」思うこと
Q71~Q80:「自分」について
Q81~Q90:やりたいこと
Q91~Q100:○○に一言

では、興味のある方ご覧ください。
念のためフラッシュバックにご注意ください。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

被害者は何もしなくたって価値がある

お久しぶりです。
仕事、仕事で更新を怠っていますが
忘れてはいません!


ここのところぼんやりと考えているのは、
被害者は何をすべきか、ということ。

私は、すべきことは、ない、と思います。

被害後の応急処置や急性期の医療、法的、その他諸々の対応、
というのとは別の話です。


もうこれ以上、傷つく必要はないと思います。
それ以上、苦労することも、痛い思いをすることも、大変な思いをすることも、
あえて選ばなくていいと思います。

戦わなくてもいいと思います。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ぱーぷるラボ

Author:ぱーぷるラボ
性暴力被害者支援ブログぱーぷるラボブログへようこそ!

本ブログはリンクフリーです。
引用元を示してくれれば、
引用、転載もフリーです。

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキングボタン

ブログ村ランキングに参加しています。

カテゴリ

フリーエリア

ぱーぷるラボの本棚

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
242位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。